もの忘れ外来について

Forgetfulness

> もの忘れ外来について

> 診察方法

> 検査方法

もの忘れは認知症の初期症状です
早期発見で適切な治療が可能です

ほとんどの高齢者やご家族の方は、もの忘れを病気とは捉えずに、

加齢による衰えから来るものであったり、一時的なものと考えています。

ところが、もの忘れは認知症の初期症状として重要なサインなのです。

認知症以外にも、もの忘れが
症状として現れる病気があります

当クリニックのもの忘れ外来では、専門医による診察で、

もの忘れの原因となる病気を診断し、認知症の早期発見や、

適切な治療と予防のためのアドバイスを行います。

認知症の介護でお悩みの方も
まずは一度ご相談ください

認知症の早期発見と、漢方薬・西洋医学・栄養療法を組み合わせた

認知症治療をおこないます。

そのほかにも、認知症の介護でお悩みの方へのアドバイスも行っております。

お気軽にご相談ください。

 

担当医紹介

 

医療法人 くどうちあき脳神経外科クリニック
認知症 早期発見・予防・治療センター

工藤 千秋 理事長・院長

日本認知症学会専門医

日本脳神経外科学会専門医

日本早期認知症学会 理事

日本アロマセラピー学会 理事

日本ヒーリングリラクゼーション学会 理事

日本臨床脳電位学会 理事 兼 事務局長

一般社団法人  大森医師会理事

医療法人 くどうちあき脳神経外科クリニック
認知症 早期発見・予防・治療センター

田平 武 センター長

日本神経学会専門医

日本認知症学会専門医

日本抗加齢医学会専門医

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
詳細はこちらへ