よくあるご質問

FAQ

 

脳神経外科って、なんだか特別な場所のような感じがします。
どんな症状の時に行くものなのですか?

決して特別のところではありませんよ。 頭が痛いからはじまって、おなかや胸の症状、手足の骨の病気以外、 たいていの体の部分は、脳から出た神経が行っているため、気軽に脳外科の医者にも相談してみてください。 風邪の治療薬だって処方します! もちろん言葉が出ずらい、手足の動きがおかしい、とんちんかんな言動が目立つなどの症状についてみるのが得意分野ですが。

 

ときどき頭が痛くなります。たいしたことがないのでずっと放っておきましたが、やはり診察してもらったほうが良いのでしょうか?

念のため受診されたほうが安心ですね。 とくに朝起きたときにいつも痛いとか、吐き気を伴う頭痛が徐々に増加する場合、 また急に頭がトンカチで殴られたように痛くはいてしまう、 などというときは脳腫瘍やくも膜下出血などである場合があり放置してはいけません。

 

頭痛のときも近所の内科に行っていますが、脳神経外科に行くのとどう違うのでしょうか。

通常、脳神経外科医は神経学的診断のほかに、必要に応じて精密機器を用いて専門的な検査をして、 頚部から脳の中まで専門的にチェックします。 そのため脳の病気の有無が直接わかることが、違いでしょうか?

 

最近物忘れが激しくて、我ながら心配です。
診察してもらったほうがいいのでしょうか。

年齢にもよりますが、気になる場合にはご自分の安心のためにも受診してみてください。

 

ボケ防止の方法はあるのでしょうか?

これはとても難しい問題です。 ここでは一般論しかいえませんが、脳を常に刺激していること、 バランスのとれた栄養をとることにその秘訣の一つがあるのではないでしょうか? お年寄りが興味のあるゲートボールに足しげくかよう、民謡や演歌に興じる、 おいしいものを腹七~八分たべる。 お年寄りを一人にする時間をできるだけ少なくして、 はなしかけてあげる、そんな月並みですが、一つ一つが大切であるのではないかと思います。

 

診察を受けるにはどうしたら良いのでしょうか?

多少待っていただくかもしれませんが、いつでも診察いたしますのでご安心ください。

 

漢方薬治療や東洋医学も取り入れているそうですが、どういう症状に効くのですか?

ズバリ言って西洋薬のあわない方、きらいな方、 さらに西洋薬の効き目がいまいちで少し違う方向から試してみたい方にむいていると思われます。 漢方薬でも症状と体にあえばとてもよく効きます。

 

ストレスが原因で頭が痛くなったりすることがあるのですか?

よくあります。 ストレスが引き金になって肩が張って後頭部から眉間あたりまで締め付けられるように痛んだり、 ズキズキ痛む緊張性頭痛や大後頭神経痛などがこの代表でしょうか?

 

くも膜のう胞ってどんな病気なんですか?

 脳を覆っているクモ膜の下に、通常より多く水がたまってしまう病気であり、 これにより脳の圧力が上がってしまうことで頭が痛くなることがある病気です。 原因は先天異常であると考えられています。 治療方法は、厚くなったくも膜だけを切る方法(開頭法及び内視鏡的)、 頭から腹腔に管を通じて水を抜く方法があります。 頭痛が厳しい場合には、これらの手術をすることが多いようです。 何もしないで経過を見ることもあります。 水溜りの中には動脈や静脈が走っていることが多く、 過激な運動によりこれらが切れて激しい頭痛と吐き気がおこることがあり、 日常生活で気をつけることとしては、スポーツ等により、 このような症状が出た場合、早急に脳外科を受診してください。 この病気があるからといって、何々をしてはいけませんという禁止事項はないと考えてください。

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
詳細はこちらへ